FC2ブログ

暮からお正月

(2014-01-03)
プラート市の東の丘陵地帯[写真左側、低く見える山の向こうにボローニャがある筈]

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

 大掃除もおせち作りもなかったので、お正月の実感今ひとつない新年を迎えました。
一日の昼食後、穏やかな日差しの中を散歩に出かけましたが、店はすべて閉まっていてあまり人出はなく、日本と同じく静かなお正月でした。

 暮も押し詰まってから、電気会社から請求書が1通、契約書が1通届きました。請求書の支払期限は1月2日となっていて、電気が止められてしまっては大変、と、すぐに銀行に支払いに行きました。銀行でなくてもスーパーなどで支払いはできるのですが、書き入れて返送しなければならない契約書を銀行のLさんに見てもらうのが主目的です。私たちが読んでいたら1週間はかかりそうな書類に彼女はこともなげに(あたりまえか)すらすら必要事項を書き込んでいきます。何しろ、銀行は私たちのデータをすべておさえていますから。私たち用にコピーまでとってくれ、ポストに入れるばかりにしてくれました。請求書を支払うと、2.25ユーロの手数料がかかりました。日本の感覚からすると、あらら?と思うのですが、ここまでやってもらったら銀行のこの振替手数料は安いものです。”Buon Anno!”(良いお年を!)と挨拶を交わし、ポストの差し入れ口は、市内向けとその他に別れているから気をつけて、とのアドバイスをもらい、郵便局に投函しに行きました。

 夫の門歯の隣の歯の裏側が1立方ミリほど欠けたのは22日のこと、会計士のSさんに、歯医者を紹介してもらえないかとメールで頼んだところ、親しい友人に歯科医がいる、と、すぐ電話番号を教えてくれました。ラッキー!と思ったのもつかの間、自分で電話してねと書いてあったのです。これは困った。今、相手の表情が見えない電話で知らない人と話すことほどごめんこうむりたいことはことは、実はそれほどないのです。・・・と、電話で話す勇気が出ないまま、うじうじと4,5日を過ごし、やっとアポイントをとるための原稿を用意して電話してみると、この先生はクリスマス休暇に入っていました。これでは治療がお正月明けになってしまう。そこで、前の週の月曜市に行ったときにたまたま見かけた歯医者さんに入ってみることに。幸い診療していて、オフィスは広々として清潔そう、受付の女性も感じが良かったので翌診療日にアポイントをとりました。30代と思しき女性が先生で、夫が後生大事に懐にしていた1ミリの欠けた歯をみせると、あっさりと「捨てちゃいなさい」と言われ、がっくり。でも12月30日の治療は日本とさして変わらず、丁寧にやってくれたようです。歯科は海外旅行保険がきかないので、治療代がいくらになるか戦々恐々としていたところ、日本の保険外診療より安いくらいの90ユーロで、しかもカードで払えました。

 大晦日は街中でいろいろな催しがある、と聞いていたので、夕食後、できる限りの厚着をして出かけました。街角で中学生くらいの子供たちが集まって爆竹を鳴らし、ドゥオモ広場には大掛かりなステージが設置されて若いロックバンドが練習をしています。広場の隅には仮設トイレがずらりと並んで、大勢の人出を予想している感じでしたが、まだ時間が早すぎるのか、一向に人が増えません。早寝早起きが長年の習慣となっている私たちは待ちきれずに帰ってきてしまいました。夜中、大音響で目が覚めると丁度12時。カウントダウンとともに花火の打ち上げが始まったようです。窓から覗くと花火は見えませんでしたが、空が真っ赤に染まっていました。目黒、祐天寺の除夜の鐘とその前から始まる和太鼓。30分間ひっきりなしに打ち上げ続けられるPratoの花火。長年の習慣で、どちらも同じように半分まどろみながら聞いていました。


Pronto !
Parlo con l'ufficio di Dr. Alessandro ?
Mi chiamo XXX XXX e le telefono introdotto da Sgr. Commercialista XXX.
Ho avuto un dento (anteriore di soppra) scheggiato cinque giorni fa, e vorrei curarsi il dente.
Ma, prima di fare un appuntamento, posso avere l'indirizzo del suo ufficio ?
Se non sbaglio, è via Bagnolo, X, XXX ?
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

周一さん毎回楽しみにブログを読んでいます。歯が悪くても頑張ってね。
プロフィール

SCIUICIdiFDATINI

Author:SCIUICIdiFDATINI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR