FC2ブログ

お金の換算

(2014-02-24)
 2月13日(金)から2月23日まで。

 今回はお金の計算の話です。私たちが確かめたことをここで同じように確かめてみます。(前々回と同じように、右のリンク欄が邪魔して見えない箇所があるときは、このブラウザー画面を最大にしてご覧下さい。また、この写真をダブルクリックすると拡大画面でご覧になれます)。
(Fonte: Trascrizione imitata del originale: Archivio di Stato di Prato, Datini 266 C.14V.)
(出典:Archivio di Stato di Prato, Datiniの蔵書番号266のC.14V.頁を家内が模写したもの。家内は書道を暫くやっていたことがありますから、私の筆写よりは原本により忠実にできていると思って頂いて結構です。)
Calcolo
そのまま当時のイタリア語にしてみますと、こうなります。 
 「Dodecine 14 di lana biancha soda fatta azurina piena; sagiata, s. tredici libra., a chontati chome apare al Libro de' vagielli segn. F, a c.14, sagiata per tutta, lb. cientonove, --------- lb. 109
 Entraci a s. 77 per f., f. 28 lb. 1 s.4,
 Anone dato, a di 10 di giugno, f. venti otto lb. Una s. quatro di moneta, a ragione di s.76 d. otto per f.; fue la moneta, lb. ciento otto s. diecie d. otto; reghò Nicholò di Piero a entrate, a Libro segn. F, a c.6, ----- f. 28 lb. 1 s.4」
逐語訳はまだ理解できていない箇所がありますので省かせて頂きますが、数字の表記に関してまず、重要なことは、誤読を避けるべき箇所では常にローマ数字が使われるということです。

 この写真の5文字目から後の記号のようなものはXIIIIを表わしていて14です。XIVでなく、XIIIIと書いてその右肩内側に小さい丸印が添えられています。Iはiで筆記体で書くと何回iを繰り返してあるのか手がすべってしまうことを自覚して、4回目は丸印を付けてハッキリさせようという躾があるのだと思います。右の欄外にはCVIIIIが見えます。これもCIXでなく、CVIIIIに丸になっているところは一貫していて、109の表記です。右欄外の二番目は まず、f(fpのように見えます). 28、次に lb.の記号そしてjのような 1(いち)が書かれ、その後s(soldiの省略記号).4が見えます。その他、このページの上下真ん中あたりに、77、XXVIII(28),1、4という数字が書いてあること、また、その下の文章の中に埋もれてはいますが、76、otto(数字の8)と書かれていることをしっかりご覧下さい。

 さて、この頁には非常に興味深いことが書いてあります。それは、フィオリーニ金貨の価値と、一般に通用していた通貨であるリラ、ソルディ、ダナーロとの変動する関係が表現されているからです。それは、77、XXVIII,1、4と 76、ottoに現れ、現代の外国為替差損益に相当するものが計算されているのです。

 最初の77は1フィオリーニを77ソルディで換算することを表明しています。売値は109ソルディで記帳しました。上下真中あたりの28フィオリーニを77倍すると、77x28=2156ソルディになります。
 リラとソルディとデナーロの関係は、昔のポンドとシリングとペンスの関係を思い浮かべて頂くと分かりやすくなるように、20ソルディ=1リラで、1ソルディ=12デナーロと固定的な関係になっています。

 さて、記帳の段階では77、XXVIII(28),1、4は2156ソルディ+1リラ+4ソルディでした。ところが、この写真の下半分では1フィオリーニの市場価格が実際に現金化された段階の換算割合では、1フィオリーニあたり、76ソルディと8デナーロであったと書かれています。すると、28フィオリーニは
76(ソルディ)×28+8(デナーロ)×28
=2128(ソルディ)+224(デナーロ)
={106×20}(ソルディ)+8(ソルディ)}+{18×12+8}(デナーロ)
= 106(リラ)+(8+18)(ソルディ)+8(デナーロ)
= 106(リラ)+(1リラ+6ソルディ)+8(デナーロ)
=107リラ+6ソルディ+8デナーロ
実際の売値は28フィオリーニ+1リラ+4ソルディでしたから、結局
(107+1)リラ+(6+4)ソルディ+8デナーロ
=108リラ+10ソルディ+8デナーロ
を手にしたことになります。
 すると、28フィオリーニ+1リラ+4ソルディを109ソルディと記帳したのに実際は
108リラ+10ソルディ+8デナーロしか手にできなかったので、その差額を計算すると、
109リラ=108リラ+19ソルディ+12デナーロですから、これから
      108リラ+10ソルディ+8デナーリを引くと、
9ソルディ4デナーロの換算差損が発生したことになります。この帳簿では現れませんが、この9ソルディ4デナーロの換算差損は別の帳簿に転記されているらしいのです(これから確認します)。

 リラ、ソルディ、デナーロ間の換算を確かめてみると不変で、これらとフィオリーニ金貨との交換比率が変動するだけです。リラ、ソルディ、デナーロ間の換算まで常に変動していたらとんでもなく複雑な会計になってしまいますが、変わらないことが分かり安心しました。いかがですか?見事なものですね。もし、フィオリーニを受け取ってこれをリラ、ソルディ、デナーロに替えた時点で記帳していたら、為替差損の概念は生まれようがありません。しかし、誰かに売ったことを忘れないように帳簿につけるという行為をはじめたことによって為替差損益に目が行くようになる。そうなると、今度は差損益とどう付き合うかという話につながっていく。簿記は天才がやるにふさわしい営みではありませんが、天才でも気付かないことを教えてくれる。そこが簿記の見事さだと思います。ほとんど面白みがない話だったかもしれません。でも、会計ですから、金額の表記と換算はとても大事ですので、少ししつこい説明になったかもしれません。ご勘弁を。
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SCIUICIdiFDATINI

Author:SCIUICIdiFDATINI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR