FC2ブログ

Pratoでの日常にもどりました。

(2016-10-12)
9月15日から10月10日

9月15日羽田発12:30の便が同日20:30フィレンツェ空港に着きました。いつもながら、一日得した感じがします。今回のフライトはこれまでの4回のなかで一番easyでした。最初にPratoに来たときと比べると、当時は一歩先のことさえ分からない不安に覆われ、風邪と12月の寒さが悲壮感をいやまし、今回とは天と地の差を覚えます。今では落ち着ける家があり、食(飲)生活に満足があり、近しい友人がおり、Datiniプロジェクトも遅々の歩みながら前進していて、・・・来伊前に思い描いていたよりずっといい状態と言えると思います。でも、家内の評価は?これについてはそのうち自分で書いてもらいましょう。

さて、こちらに戻ってからの9月から10月初めの気候はとても快適で連日25度前後、10月2日はフィレンツェのBargello美術館に、そして10月9日にはPratoの北側丘中腹のFilettoleのDatiniの旧別荘に足を伸ばした程です。また、日本で偶々買ってきたお多福のお面を壁にかけるため、画枠ならぬ飾り板を塗装して飾ってみました。趣味に合った絵画にはなかなか出会えませんが、このお多福さんにはどこか惹きつけられるものがあり、飾り方を考えていたのですが、偶々家内と意見が一致して、木の板にしようということになり、ステインで塗装することにしました。でも、塗ってみるとステインが濃すぎたので、やすりで落として、流木の感じを出そうとしたのですが、雨風にさらされた感じはうまく出せません。それでこんな状態ですが、いかがでしょう?Datini帳簿の入力をする私たちをいつも見つめてくれるようになりました。でも、ときに悲しそうな表情に見えることもあって。不思議ですね、お面は。そんなときは私達の仕事への集中が足りないのでしょう。

9月21日、Datini古文書館で撮影を再開して2日目、ちょっとうれしいことがありました。私たちが撮影しているところへ、突然、館長さんのCianchiさん、事務のIlariaさん,Maurizioさん、そしてChiaraさん(C嬢)の4人(これでPratoのDatini館を運営する人のほぼ全員)がやってきて、Datini館についての研究の2冊組の集大成と写真が載っている、Palazzo Datini a Pratoという立派な本を贈呈してくれたのです。しかも、館長さんの直筆の贈呈状を添えて。私たちはまだ大した仕事もしていないのに、こんなことして貰っていいのかなととまどいました。でも、Buon lavoro (Good job) !と言って貰えてうれしかったです。何がBuon lavoroなのかはっきり分かりませんが、徒手空拳ここに来て、何の公的な関係も、お互い何ものにも拘束されない自発的な関係のなかで、こうしてこんな栄誉を受けるなんて、こんなことはめったにあるものではありません。この本さっき量ったら4.5kgありました。この本をきちんと読もうとすると私達の語学力では時間がかかりすぎて仕事が進みませんから、写真雑誌を見るようにペラペラめくりながら写真を見ているだけですが、Datini館で出会うお歴々も載っていて、やる気が起きてきます。

それにしても、いろいろ順調な中で、このイタリア語はまだまだ&まだいけません。日常語は家内に任せ、私は簿記・会計、中世経済史、PCソフトウエアの分野のイタリア語に集中しています。なんでもかんでも一度にはできませんから、少なくともこの分野では不自由のないようにと頑張っていますので、この先数年間、私のイタリア語でのコミュニケーション能力の進歩はこれらの特殊分野に限られることになるでしょう。日常語が分からず、ときに心の絆を結ぶ機会を逃したり、自尊心を傷つけられたりすることもありますが、これが私がやろうとしていることへの近道。まず後3年、このまま辛抱しようと思います。


最後の写真はDatiniの別荘です。家から歩いて1時間もかからずに着いてしまいました。ほぼ3年前、ここを目指してきて私道に迷い込み結局たどり着けなかったところです。今回はうまくいきました。写真のような広い庭園があるほか、ここの建物はとても広くて、柱廊のならぶ中庭が二つあり、チャペルや多くの部屋や集会室があります。今では修道院になっていますが、いろいろな文化的な催しもここで行われています。この写真の館の右側にオリーブ園が見えますが、このあたりでとれるオリーブオイルはイタリアでも最高だとのことです。生のオリーブオイルは調理用には使わず、そのままできあがったお料理やパンにかけて食べるようです。今度試してみましょう。でも、最高だと言ったのはPratoっ子ですから、最高がイタリアのあちこちにあるのかもしれませんね。では、また。ごきげんよう。
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SCIUICIdiFDATINI

Author:SCIUICIdiFDATINI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR