FC2ブログ

今日のお買い物(春から夏へ)

(2018-05-22)

今日は月曜日。週1回のメルカートの日です。Prato Porta al Serraglio駅の北側、歩いて家から20分弱のところ、普段は広い駐車場をその日は駐車禁止にして、引き売りならぬ引きトラックの横腹を開いてその上にテントを懸ける形で、いろいろなお店が並びます。
 私たちが買うものは、ほぼ決まっていて、野菜、果物、乾燥トマト。新鮮で値段が安いので、月曜日はここに来て買います。新鮮だと日持ちが断然違います。以前はインテグラーレ(全粒粉)の天然酵母パンを買っていましたが、家の近くにおいしいパン屋さんができて、そこでやはりインテグラーレのパンを買うようになりました。パンは日が経つと固くなるため、週に一度沢山買うより2,3度に分けて買うほうがよく、新しいお店ができて重宝しています。

 さて、今日買ったものは、ひとつのお店でアスパラガスとキウイ、別のお店でセロリ、タロッコというオレンジ、黄桃、ネクタリンです。お店によって得意不得意があるようなので、ひとつのお店ですべて買うということはありません。以下のユーロ価格の円換算額は、最近のユーロ・円の為替レート131円前後を参考にしてください。

 アスパラガスは500gで2ユーロ、キウイは約1kgで1.5ユーロ。別のお店で買ったものは全部で7ユーロ。よく内訳は分からないいのですが、たぶんセロリが2ユーロ、タロッコが1ユーロ、黄桃とネクタリンで4ユーロ。「たぶん」というのは、セロリとタロッコはkgあたり1ユーロ、黄桃とネクタリンはkgあたり1.5ユーロですが、7ユーロと言われてその金額を払うのですが、それぞれ、どれだけの重さがあったか分からないので、値段は個々には分かりません。外国では値切るのが当たり前なんて思っていましたが、ここメルカートでは値切る人はほとんど見かけません。 

 アスパラガスはただゆでて肉料理などの添え物として食べています。4月頃から総菜屋さんでよく「zuppa di primavera」(春のスープ)というのが店先に並びましたが、これは、アスパラガスがたっぷり入ったスープで、とてもおいしかった。セロリはワイン酢に漬けて食べていますが、そのワイン酢は瓶詰の小粒玉ねぎのワイン漬を食べ終わってから、そこに漬けるので、やはりこれもワイン酢漬けになるというわけです。

 先週はイチゴとブラックチェリーを買いました。イチゴは先週が旬だったかもしれません。桃とネクタリンは先週あたりから出てきました。これからどんどんおいしく、そして安くなります。ブラックチェリーも先週あたりから。これはkg5.9でした。今日はもう少し安くなっていたと思いますが、はっきり覚えていません。ブラック・チェリーはアペニン山脈を越えてボローニャの西30kmあたり、モデナが有名な産地です。最盛期にはモデナからの直売店がPratoにもやってきます。これは少し高いけど、粒ぞろいでとてもおいしいので、今から心待ちにしています。モデナといえばアチェット・バルサミコ(酢)。ほとんどのバルサミコ酢にはモデナ産と書いてあります。これは熟成期間24か月以上で樽を変えながら作りますから、結構いい値段です。そのせいか、容器は趣向をこらしたガラス瓶でとても重いので、残念ながら日本には持って帰れません。ペットボトルに移し替えて持って帰るのもどうかな。家内はバナナを買ってくると、これにバルサミコをかけて食べています。

 タロッコは中がブルーべりのように赤黒く、酸味と甘みがとけあった素晴らしいオレンジです。12月頃からずっと食べていますが、いまだにおいしい。今年はおいしく食べられる期間が長いように思います。多分シチリアから来るのだと思いますが、南北に長いイタリアは果物がおいしく安く、その点はとてもいいところです。

 家のベランダからはツバメが忙しく飛んでいるのが見えます。朝は低いところをすごいスピードで通り抜けていき、昼間は空高く飛んでいます。時間によって飛ぶところが違うのは虫の居場所が違うからでしょうか?目で追いかけていると目が休まります。
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SCIUICIdiFDATINI

Author:SCIUICIdiFDATINI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR